ブログ

本栖湖ダイビング

本栖湖とは
標高900mに位置している
富士山北西麓にある湖です。

PADIのSPコースにもある
「アルティチュード(高所)ダイビング」

海とは違ったダイビングを楽しめます。

今回のツアーは東京のダイビングショップが毎年開催している
「キャンプ&ダイビング」のツアーに合流しました。

実は・・・

東京からくるチームにお寝ぼうさんがいて、
出発に間に合わなず、
鉄道を使って合流することにwww

河口湖駅でピックアップ。

いやぁ、それにしても、
外国人観光客の多さにびっくり!!

 

今回のツアーでは、
レスキューダイバーコースも開催!

私はのんびり、レスキューコースを見学。

夏真っ盛りですが、やはりココは標高900m。

気温は23℃と過ごしやすいのですが、

水温は16℃!

更に深く潜ると途端に10℃を切る冷たさに。

水深26.2m
水温9.0℃

 

そして、見られるお魚は…


ブラックバス…

 

陸上ではランチ&BBQの準備中。

ランチ前に2DIVEを終えて宴会スタート~♪

楽しい時間はあっという間。

 

お酒も進んで、大盛り上がり!!

 

宿泊はテントではなく、キャンプ場にあるコテージ。

みんなで雑魚寝です。

 

 

翌日も2DIVEして、


河口湖のほうとう屋さんで遅めのランチ。

ここで、東京チームと分かれて我々は松本へ。

 

数十年ぶりに本栖湖に来ました。

移動時間が短くて、とても楽チン!

淡水だから器材を洗わなくていいので、

とても楽チン!!

その上、

BBQも準備して頂いたので、

さらに楽しさ倍増のツアーでした。

 

※アルティチュード・ダイビングとは※
海抜300m以上の高所で潜るダイビングのこと。
海だけでなく、湖や川などの淡水域もダイビングの舞台となります。
湖底に生える水草や淡水魚など、海とはひと味異なる雰囲気を楽しむことができるでしょう。

ただし、
オープン・ウォーター・ダイバー・コースで身につけた海でのダイビングの仕方とは異なり、
アルティチュード・ダイビングでは、
酸素が薄い高所で行動する際の注意点や、
淡水に潜るためのウエイト重量など、
海との違いを学ぶ必要があります。

PAGE TOP